Art Inspirations

素人作家のメモ箱

アートと活字を愛する作家の卵が運営するブログ。

ジャンルを超えて、広義の「アート」から得た様々なインスピレーションやアイデアを文章で表現していきます。
絵画、彫刻、インスタレーション、音楽、ダンス、デザイン、ファッション、建築などなど。


美術展

ルドン―秘密の花園|いのちとことばの芽吹き

二カ月ほどものを書くことから離れていて、随分とご無沙汰になってしまった。 スランプというのか、どうにもこうにも言葉が出てこず、ただただ飢えたように読むばかりの二か月間だった。 自分のことばを文字で綴っていくという行為そのものが、まるではらわ…

谷川俊太郎展|人の心はことばに育てられる

詩人・谷川俊太郎さん。 ことばの匠、というとちょっと似合わない、優しくて穏やかで聡明な、ことばのご友人。 今振り返ると、絵本や教科書や、いろんなところに谷川さんのことばが散らばっていて、私は知らず知らずのうちに、この方のことばに育てられたの…

アートの集大成「オットー・ネーベル展」から学ぶ創作のヒント

先週末、最終日のオットー・ネーベル展に駆け込みで行ってきた。 少し遅くなってしまったが、色々と学ぶことが多かったので、備忘のために考えたことを書き留めておこうと思う。 www.bunkamura.co.jp 「知られざるスイスの画家」とポスターにもあるように、…

匂いたつ絵画|ヴラマンク展ー絵画と言葉で紡ぐ人生

先日、山梨県立美術館で開催されているヴラマンク展へ行ってきた。 ヴラマンクは、マティスやドランと並んで、フォーヴィズムの画家として知られる。 そのヴラマンクが、画家でありながら、優れた文筆家でもあったと聞き、ビビッときた。 有給休暇の当日朝に…

ジャコメッティ展|視覚と精神に見えるもの

ついに、念願のジャコメッティ展へ行ってきた。 学生の頃にシカゴ美術館で見てからというもの、その独特の存在感が忘れられず、たちまちファンになったジャコメッティ。 没後半世紀の大回顧展とあって、大満足の展覧会だった。 (私がジャコメッティを好きに…

ミュシャ展|スラヴ叙事詩の重厚な魅力

さて、先週の国立新美術館ではミュシャ展も見てきたので、今週はそちらの感想を。 www.mucha2017.jp ミュシャといえば、タロットカードのようなイラストがまず頭に浮かぶ人が多いのではないだろうか。 精密な長髪の女神が描かれていて、背景には、意味は分か…

草間彌生―わが永遠の魂|「生」の根源を描く前衛美術

草間彌生展に行ってきた。 予想以上に、面白かった。 草間彌生という人間の根源を見たような、サブタイトル通りの「魂」の展覧会だった。 まず、展示室に入ると、巨大なオブジェと壁一面の極彩色の連作に度肝を抜かれる。 まさに草間彌生。 のっけから彼女の…

「鑑賞」とは何か|デトロイト美術館展の大混雑

東京で開催されている美術展に行くと決まって、芸術作品の見方について考える。 絵画をいかに解釈するかとか、どういうふうに鑑賞するべしとか、そういう頑固親父みたいな説教を垂れるつもりなのではなくて、「絵を見る場の様子や雰囲気って、どれほど鑑賞者…

宇宙と芸術展|思考の幅を広げる魅惑の物件

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。 本年も、週一くらいのペースでゆるゆると更新してまいりますので、よろしくお願いします。 さて、ということで、休みボケから重い腰をあげて、年明けにさっそく行ってきた美術展の所感をば。 www.mori.a…

ゴッホとゴーギャン展|絵画と、画家という人間の個性

ゴッホという画家には、常々興味があった。 もちろん彼の作品も大好きだが、それ以上に、ゴッホという人間そのものに興味をそそられる。 人生の中でこれでもかというほど何度も挫折をし、紆余曲折の末ついに画家を志すもこれまたなかなか絵が売れず、画商と…