Art Inspirations

素人作家のメモ箱

アートと活字を愛する作家の卵が運営するブログ。

ジャンルを超えて、広義の「アート」から得た様々なインスピレーションやアイデアを文章で表現していきます。
絵画、彫刻、インスタレーション、音楽、ダンス、デザイン、ファッション、建築などなど。


絵画

芸術脳とロジカル脳|感性だけではつくれないもの

実はわたくし、特技は文章を書くことだけれども、本当は絵を描くことに憧れています。 しかも、アートが好きなくせに、本業は全然関係のないシステムエンジニアをやっています。 こんな支離滅裂な人間なので、時々自分の「できること」「したいこと」「向い…

ミュシャ展|スラヴ叙事詩の重厚な魅力

さて、先週の国立新美術館ではミュシャ展も見てきたので、今週はそちらの感想を。 www.mucha2017.jp ミュシャといえば、タロットカードのようなイラストがまず頭に浮かぶ人が多いのではないだろうか。 精密な長髪の女神が描かれていて、背景には、意味は分か…

草間彌生―わが永遠の魂|「生」の根源を描く前衛美術

草間彌生展に行ってきた。 予想以上に、面白かった。 草間彌生という人間の根源を見たような、サブタイトル通りの「魂」の展覧会だった。 まず、展示室に入ると、巨大なオブジェと壁一面の極彩色の連作に度肝を抜かれる。 まさに草間彌生。 のっけから彼女の…

「鑑賞」とは何か|デトロイト美術館展の大混雑

東京で開催されている美術展に行くと決まって、芸術作品の見方について考える。 絵画をいかに解釈するかとか、どういうふうに鑑賞するべしとか、そういう頑固親父みたいな説教を垂れるつもりなのではなくて、「絵を見る場の様子や雰囲気って、どれほど鑑賞者…

エンデ父子の絵画と文学|ジャンルを超えて生み出されるアート

Merry Christmas! さて、クリスマスの今日、九州の実家にいる叔母から素敵なプレゼントが届いた。 叔母はとても料理が上手で、自家製の味噌やお菓子などが詰め込まれた段ボールを時々送ってくれるのだが、今回はその中に、とびきりのプレゼントがまぎれてい…

本のなかの絵

「小説」は文字だけで作られるものだが、「本」となると話は変わってくる。 絵本でなくとも、子供向けの本には挿絵が入っているし、たとえどんなに有名な文豪の作品であっても、表紙には必ずといっていいほど何かしらの絵かデザインが施されている。 いくら…

静寂を表現する

静寂というテーマが気になり始めたのは、やはり絵画の影響が大きい。 ジョルジョ・デ・キリコの”Mystery and Melancholy of a Street”という絵がそのひとつだ。 日本語では「通りの神秘と憂鬱」。 アーチ型の建物が無機質に並ぶ通りを、影の差すこちら側から…

ゴッホとゴーギャン展|絵画と、画家という人間の個性

ゴッホという画家には、常々興味があった。 もちろん彼の作品も大好きだが、それ以上に、ゴッホという人間そのものに興味をそそられる。 人生の中でこれでもかというほど何度も挫折をし、紆余曲折の末ついに画家を志すもこれまたなかなか絵が売れず、画商と…